教員採用試験の情報と対策 NSK@教採ネット

教員採用試験の情報と対策

保健体育教師を目指す人のための

≡≡≡≡≡教員採用試験 保健体育≡≡≡≡≡

●保健体育の出題傾向

 保健体育の出題は、実技各論・体育理論・保健理論・学習指導要領と指導法の各領域に分類できる。最近は体育理論や保健理論の出題範囲が広がる傾向にあるが、全体的には実技各論と学習指導要領が出題の中心である。
 ★実技各論 体つくり運動・陸上競技・器械運動・バレーボール、バスケットボール、サッカー、ソフトボール等の球技・剣道、柔道等の武道・水泳・ダンスなど出題範囲は幅広く、専門用語や競技規則(ルール)からプレーや指導の留意点も出題される。
 ★体育理論 運動の理論や特性、各種トレーニング法、スポーツ振興、体力テスト、生涯体育などから出題。自治体独自のスポーツに関する出題もある。「スポーツ基本計画」出題されているが、「柔道の授業の安全な実施に向けて」(平成24年3月)は多くの自治体で出題されている。
 ★保健・健康  薬物、ドーピング、応急処置に関する問題や生活習慣病、ヘルスプロモーション、食品問題、環境問題、心の健康問題など出題範囲は広い。
 ★学習指導要領・指導法  学習指導要領全体が大変よく出題されていてもちろん中心的な存在である。かなり細かい理解が求められていて、学習指導要領解説書まで熟読する必要がある。
 出題形式は、論述式が少しずつ減少し、択一式の問題が増えているが、自治体による違いが大きいので、受験する自治体の傾向に合わせた準備が必要である。

●27年度保健体育の出題問題例

【問題1】次の各問いに答えよ。

(1)薬を反復投与した結果、次第に効果が弱まり、同じ効果を得るには投与量の増加が必要になることは、次のうちどれか。(東京都)
 a.耐性  b.逆耐性  c.再燃現象  d.退英症候

(2) バドミントンにおいて,シャトルがコート面と平行に飛ぶようなフライトの名称は次のどれか。(高知県)
 a.ヘアピン  b.ハイクリアー  c.ロビング  d.ドライブ  e.ドロップ  

(3) ハンドボールにおける警告は、同一プレーヤーに対しては1回だけ、チームに対しては合計3回まで警告される。したがって、同一プレーヤーに対しては2回目から、チームに対しては4回目から何分間の退場となるか。(沖縄県)
 a.1  b.2  c.3  d.4  

(4)次にあげる競技種目の正式なラインの長さや距離のうち、最も長いものと、最も短いものはどれか。(愛知県)
 @ハンドボールのセンターライン  Aソフトボールの投球距離(中学女子) 
 Bテニス(ダブルス)のベースライン Cバトミントンのサイドライン
 Dバスケットボールのセンターライン  Eバレーボールのサイドライン

(5)次の記述は、トレーニングに関して述べたものである。「アイソキネティックトレーニング」について説明しているものとして最も適切なものを選びなさい。(神奈川県)
 @ 負荷が変化しても速度を一定に保つ、「筋肉の等速性収縮」を利用したトレーニング。
 A 運動と、疲労が完全に回復するまでの休息を繰り返す方式のトレーニング。
 B 一定の大きさの負荷を動かしておこなう、「筋肉の等張性収縮」を利用したトレーニング。
 C 関節を動かさずに、「筋肉の等尺性収縮」を利用し、筋力向上を図るトレーニング。

(6)次は、「テニス」のルールについて述べたものです。誤っているものを一つ選びなさい。(埼玉県)
 @ ライン上に落ちたボールは少しでもラインに触れていれば有効である。
 A トスに勝った者は、「サーバーまたはレシーバーになる権利」または「エンド(コート)を取る権利」を自分で選ぶか、相手に選ばせることができる。
 B ボールがポストの外側をまわって、正しいコート内に入ったときは無効である。
 C サービスを2本ともフォールトしたときは、サーバーの失点である。

【問題2】次の各問いに答えよ。

(1)車の安全性を高めるための対策の中で、事故による乗員の障害を軽減するための対策を何というか。(鹿児島県)

(2)バスケットボールの試合で、次の状況となった場合の再開方法を書け。(和歌山県)
 第1ピリオドのジャンプボールをAチームの選手が先にタップし、Aチームがボールをコントロールした。その直後、Aチームの選手とBチームの選手が同時にボールをつかみ合い、どちらのチームもボールをコントロールできない状況が続いた。

(3)平成19年に日本整形外科学会が提唱した概念で、運動器の障害のために歩行や日常生活に何らかの支障をきたしている状態を何というか。(新潟県) 

(4)卓球で、サービスの方法は、手のひらにボールを乗せ、ほぼ垂直方向に何cm以上投げて、ボールが落下してくるところを打球するのか。(岩手県) 

(5)体操競技の技で側転とび1/4ひねり後ろ向きのことを何というか。(滋賀県) 

(6)1902年に坪井玄道氏によって日本に紹介された球技は何か。(名古屋市) 



※出題問題例の正解ご希望の方は、郵送またはメールでお申し込み下さい。
  (お名前・アドレスまたは住所・志望県・保健体育正解希望と明記して下さい)
 メールの場合⇒kyosai@nsk-japan.com
 郵送の場合⇒〒177-0051東京都練馬区関町北3-25-11-102
     NSK教採ネットへ


保健体育の本格的な準備のために

 ◎保健体育特別コース
 

 保健体育の実力診断は

 ◎保健体育教採模試
 

●29年度 中学高校 保健体育 受験者数・採用予定者数一覧

都道府県名中学校高等学校
受験者数 合格者数 受験者数 合格者数
北海道※ 368 36 162 19
青森県 96 9 148 9
岩手県※ (中全教科)493 (中全教科)58 (高全教科)475 (高全教科) 53
宮城県 中高 374 中高 35
秋田県 49 3 65 3
山形県 75 7 56 4
福島県 165 7 175 5
茨城県 241 33 171 10
栃木県 190 16 113 10
群馬県 280 35 146 12
埼玉県 559 63 344 38
千葉県 (中高)991 82
東京都 (中高)1627 (中高)107
神奈川県 310 30 352 80
新潟県 89 5 70 1
富山県 中高全教科 623 中高全教科 131  -   - 
石川県 中高 203 中高 19  -   - 
福井県 中高 99 中高 7  -   - 
山梨県 (中全教科) 342 (中全教科) 64 (高全教科) 239 (高全教科) 15
長野県 (中全教科) 777 (中全教科) 99 (高全教科) 698 (高全教科) 84
岐阜県 137 22 157 8
静岡県 141 16 209 14
愛知県 (中全教科) 2,142 (中全教科) 300 (高全教科) 2,268 (高全教科) 300
三重県 201 13 181 10
滋賀県 (中全教科) 803 (中全教科) 120 (高全教科) 741 (高全教科) 80
京都府 140 6 184 8
大阪府 807 67 930 91
兵庫県 330 25 385 25
奈良県 166 14 119 5
和歌山県 160 12 65 2
鳥取県 (中全教科) 335 (中全教科) 45 (高全教科) 86 (高全教科) 7
島根県 (中全教科) 325 (中全教科) 45 (高全教科) 363 (高全教科) 28
岡山県 125 12 130 3
広島県 176 26 213 15
山口県 110 16 53 2
徳島県 67 8 72 3
香川県※ 65 13 84 6
愛媛県 54 5 43 若干
高知県 58 7 65 1
福岡県 216 40 318 16
佐賀県 48 10 99 7
長崎県 66 6 77 6
熊本県 75 5 151 4
大分県 77 12 42 1
宮崎県 74 9 100 6
鹿児島県 81 7 123 5
沖縄県 248 13 218 5

*は ※は今年度未発表のため昨年度実績


保健体育の本格的な準備のために ⇒ ◎保健体育特別コース

■平成27年度 全国 領域別・項目別出題状況

(●が多いほど、出題数が多かった項目です)

出題分野

出題率

学習指導要領

 

総則

目標・指導計画

●●●●●●●●

体育分野全般

●●●●●●●●●

保健分野全般

●●●●●●●●

体力づくり運動

●●●●●●●●●

器械体操

●●

陸上競技

●●●

水泳

●●

球技

●●●●●

武道

●●●●

ダンス

●●●●

学習指導要領

解説書または

指導法

総則・部活

●●●●

目標・指導計画

●●

体力づくり運動

●●●

器械体操

●●●●●●●

陸上競技

●●●●●●

水泳

●●●●●●●●

球技

●●●●●

武道

●●●●●

ダンス

●●●●●●●

競技のルール・規則等

武道

●●●●●●●●

登山

ソフトボール

●●●●●●

ダンス

バドミントン

●●●●●●

ハンドボール

●●●●●●●

水泳

●●●●●

テニス

●●●●

バレーボール

●●●●

バスケット

●●●●●●●●

ラグビー

陸上

●●●●●

サッカー

●●●●●●●

卓球

●●●●●

スキーの指導

資料問題

体力・運動能力調査結果報告書

●●●●●

水泳指導の手引

柔道指導の手引

●●●

新しい学習指導要領に基づく剣道指導に向けて

中学校・ダンス指導のためのリーフレット

運動部ガイドライン・調査報告書

●●

スポーツ基本法とスポーツ基本計画

●●●●●

オリンピック

●●

評価規準と評価方法

●●●●●

筋肉

体育活動事故防止

●●

集団行動

子ども体力向上

●●

新体力テスト

●●●●

保健分野

保健全般

●●

健康問題

●●●●●●●

健康と環境・環境問題

●●

発達・発達曲線

●●

生殖(妊娠・出産)・性教育

●●●●

健康食品・食品の安全

医薬品と活用

●●●

高齢者の健康

交通安全・事故

●●

喫煙問題・薬物・エイズ

●●●

感染症

●●

熱中症

●●

食育基本法

アレルギー疾患ガイドライン

ローカル

●●●

 


保健体育の本格的な準備のために

 ◎保健体育特別コース
 

 保健体育の実力診断は

 ◎保健体育教採模試
 

 


NSK@教採ネット  tel/fax 03-5991-7780
    177-0051 東京都練馬区関町北3-25-11-102
もどる